日創研の事業内容について

これからの日本経済のことを、真剣に考えているというのが日創研です。こちらでは、日本に数多く存在している中小企業を応援しています。中小企業の人材育成を助けることによって、中小企業がもっと業績を向上させて活性化することを助けているのです。中小企業の中には満足に人材育成することができなくて、悩んでいる会社がたくさんあるのです。そのような会社を助けるための事業を展開しているというのが日創研です。

日創研では、研修・セミナー事業を中心に取り組んでいるようです。こちらはこれから中小企業がもっと成長発展するために、100種類を超える集合研修を実施しているといいます。そちらでは直接業績をアップできるような内容の研修から、哲学や心理学を基にして考え方を身につけることができる研修が実施されているようです。すべての業種、すべての階層に対して教育を提供しているというのが特徴となっています。たとえば、会社には社長や幹部、社員といった階層が存在しています。それぞれの階層が求めている教育というのは異なります。社内での役割が違っているため、それぞれに適した教育を提供することが求められているのです。研修センターや研修施設において集合研修をするだけではなくて、日創研が講師を派遣することもあるようです。さまざまなニーズにしっかりと対応しているのが特徴なのです。

日創研山形経営研究会について見てみる

このような研修の事業に加えて、日創研は出版事業も手がけているようです。たとえば、月刊誌として経営誌を発刊していることがわかります。また、ビジネス書籍の出版も行っているようです。さらには社内で活用することができる教材も、複数開発していることが見て取れます。日創研の研修を受けるだけではなくて、日創研の提案する教材を用いて社内で教育をすることによって、さらにビジネススキルを高めていくことができるでしょう。

また、会社経営に困っている中小企業のために、日創研ではコンサルティング事業も展開しているようです。それぞれの会社の診断をして、どのような課題があるのかをはっきりさせて、それを解決するためのコンサルティングに取り組んでいるといいます。実際に多くの会社の経営診断や経営指導をしてきた実績があるようです。これまでの研修や教育の実績、ノウハウを活かした内容となっているようです。中小企業を知り尽くしている日創研だからこそできる事業となっているといいます。

これらに加えて、日創研では社会貢献にも熱心に取り組んでいるようです。たとえば、就活生に対しては教育支援プログラムを実施しているといいます。また、平成こども論語塾という塾も開催しており、子供の教育まで行っているようです。